ENGLISH


弦楽四重奏曲第12番 変ニ長調 作品133

現在私が所有している録音の一覧です。ステレオまたはディジタルのスタジオ録音のCDをデフォルトとして表記し、それ以外の物については“備考”欄に記します。演奏者の名前をクリックすると、その録音についてのコメントを見ることができます。なお、*印による評価は演奏と録音の両方を考慮しており、5点満点です。また、ディスク番号をクリックするとジャケット画像が別ウィンドウに表示されます。

演奏者録音年レーベル番号備考評価
BEETHOVEN QUARTET (Dmitri Tsyganov, Nikolai Zabavnikov, Fyodr Druzhinin, Sergei Shirinsky)1968Consonance81-3008Melodiya-D 025115-16(LP)*****
BORODIN QUARTET (Rostislav Dubinsky, Yaroslav Alexsandrov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1970IntaglioINCD 7561Live(17 July)*****
BORODIN QUARTET (Rostislav Dubinsky, Yaroslav Alexsandrov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1972VictorSMK-7860LP, Chandos-CHAN10064(4)*****
BORODIN QUARTET (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1981VictorVICC-40018/23
*****
BORODIN QUARTET (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1990VirginCDC 7 59281 2
*****
BRODSKY QUARTET (Michael Thomas, Ian Belton, Paul Cassidy, Jacqueline Thomas)1989Teldec9031-73109-2
****
QUATUOR DANEL (Marc Danel, Gilles Millet, Tony Nys, Guy Danel)2004Fuga LiberaFUG512
*****
QUATUOR DEBUSSY (Christophe Collette, Dominique Lonca, Vincent Deprecq, Yannick Callier)2000ArionARN 68534
****
ÉDER QUARTET (György Selmeczi, Péter Szüts, Sándor Papp, György Éder)1995Naxos8.550975
****
EMERSON QUARTET (Eugene Drucker, Philip Setzer, Lawrence Dutton, David Finckel)1994DG463 284-2Live****
FITZWILLIAM QUARTET (Christopher Rowland, Jonathan Sparey, Alan George, Iaon Davis)1976LondonF00L-29155/60
*****
MANHATTAN QUARTET (Eric Lewis, Roy Lewis, John Dexter, Judith Glyde)1990ESS.A.YCD1012
****
PHILHARMONIA QUARTET BERLIN (Daniel Stabrawa, Christian Stadelmann, Neithard Resa, Jan Disselhorst)1996ThorofonCTH 2238
****
RASUMOWSKY QUARTET (Dora Bratchkova, Ewgenia Grandjean, Gerhard Müller, Alina Kudelevic)2005OEHMSOC 562
****
RUBIO QUARTET (Dirk Van de Velde, Dirk Van den Hauwe, Marc Sonnaert, Peter Devos)1998GlobeGLO 5181
***
RUBIO QUARTET (Dirk Van de Velde, Dirk Van den Hauwe, Marc Sonnaert, Peter Devos)2002Brilliant6429Brilliant-8128****
SHOSTAKOVICH QUARTET (Andrei Shishlov, Sergei Pishchugin, Alexander Galkovsky, Alexander Korchagin)1985OlympiaOCD 535
****
SHOSTAKOVICH QUARTET (Andrei Shishlov, Sergei Pishchugin, Alexander Galkovsky, Alexander Korchagin)1996SacrambowATCO-1009
****
ST PETERSBURG QUARTET (Alla Aranovskaya, Ilya Teplyakov, Alexei Koptev, Leonid Shukaev)2002-3HyperionCDA67156
*****
TANEYEV QUARTET (Vladimir Ovcharek, Grigori Lutsky, Vissarion Soloviev, Iosif Levinzon)1978VictorVICC-40104/9
*****

Beethoven Quartet
Total Time: 26'25" 
ツィガーノフの名技が冴え渡る。現代の水準から言えば、技術的には必ずしも完璧とは言えないが、その老練な表現力は素晴らしい。骨太でありながらも透徹した響きの美しさが印象的。初演者らしい、真摯な作品への取り組みが立派。録音の古さを超えて、訴えかけるものの多い名演。
Borodin Quartet
第1楽章: 7'03"
第2楽章: 21'53" 
ライヴとは思えない完成度を持った秀演。安定した技術と圧倒的な表現力を駆使して、この複雑怪奇な作品を明晰に音化している。加えて、ドゥビンスキイ時代に特徴的な抒情的な演奏スタイルが、独特の魅力を持っている。緊張感がどちらかといえば外面に発散される傾向にあり、あえていえばそこが物足りないものの、録音の悪さを考えなければ十分に素晴らしい。
Borodin Quartet
第1楽章: 7'20"
第2楽章: 21'27" 
ドゥビンスキイ時代にボロディン四重奏団が達していた境地をまざまざと聴かせつけるような超名演。技術的にも音楽的にも非の打所がないだけはなく、これ以上の演奏は考えられないと言って良い程充実した仕上がり。最初の一音から最後の音まで一瞬たりとも気を抜くことができない。ショスタコーヴィチの内面的なドラマトゥルギーが雄弁かつ多彩に、まさに完璧としか言い様のない形で表出されている。
Borodin Quartet
第1楽章: 7'13"
第2楽章: 20'15" 
徹底的に磨き上げられた技術的な美しさが際立つ秀演。極めて高い精度で整えられたアンサンブルは、この作品の響きを余すところなく引き出している。音楽的にも十分に充実しているが、あくまでも格調高く気品を感じさせる仕上げに好き嫌いがわかれるかもしれない。
Borodin Quartet
第1楽章: 6'52"
第2楽章: 20'09" 
手堅くも充実した演奏。作品をすみずみまで知り尽くした老練のアンサンブルに感心させられる。技術的にも十全の出来。ただ、同じ団体の他の録音と比べると若干テンションが低いように感じられる。
Brodsky Quartet
第1楽章: 6'50"
第2楽章: 21'07" 
雰囲気豊かな、安定した仕上がり。技術的に頼りない個所もないわけではないが、無難にまとめられている。ただ、長大な第2楽章を飽きさせずに聴かせるまでには至っていない。
Quatuor Danel
第1楽章: 7'14"
第2楽章: 22'07" 
無骨で逞しい響きと、大柄で力強い音楽作りが傑出した名演である。長大な全曲を貫く緊張感が、作品の持つ独自の統一感を見事に描き出している。
Quatuor Debussy
第1楽章: 6'10"
第2楽章: 17'56" 
端正で洗練された佳演。素直な音楽の流れはなかなか魅力的。だが、この作品には今一歩の力強さとロシア色を求めたいところ。少々物足りない。
Éder Quartet
第1楽章: 6'37"
第2楽章: 19'43" 
暖かく澄んだ音色が美しい。この作品でこういう美しさを感じさせる演奏は他にない。ただ、音楽が全体に平坦で、散漫な仕上がりになっているのは残念。技術的な問題は特にない。
Emerson Quartet
第1楽章: 6'29"
第2楽章: 19'23" 
大変ノリの良い演奏。音は汚いものの、安定したアンサンブルで勢い良く音楽が進んで行く。終演後の拍手からもわかるように、会場全体を包み込むような熱気に満ちている。が、全体的には散漫な仕上がりで、表現も底が浅い。
Fitzwilliam Quartet
第1楽章: 7'30"
第2楽章: 20'10" 
丁寧な仕上げが光る好演。過剰に力むことのない自然体の音楽は、この作品の真価を十分に伝えてくれる。特に和声の響きの美しさには心惹かれるものがある。リズムの処理も模範的なもの。
Manhattan Quartet
第1楽章: 6'23"
第2楽章: 19'49" 
熱気と緊張感に満ちた佳演。ただ技術上の制約から、響きや音楽の整理ができていない個所が散見される。勢いだけで処理しきれない錯綜した部分の多い作品だけに、雑然とした印象が残るのは致し方のないところだろう。
Philharmonia Quartet Berlin
第1楽章: 6'28"
第2楽章: 20'53" 
安定した演奏ではあるが、やや感傷に溺れがちな甘ったるい弾き方が気になる。スマートな聴きやすさを持っているものの、この作品が本来持っている硬派な迫力は後退している。
Rasumowsky Quartet
第1楽章: 6'38"
第2楽章: 19'32" 
端正なアンサンブルが美しい。ただし、力強さには欠ける。
Rubio Quartet
第1楽章: 6'34"
第2楽章: 20'41" 
丁寧な仕事ではあるものの、特に第2楽章で技術の不足が気になる。自然に大きく盛り上がる部分が、技術的な制約で不完全燃焼のままでは、十分に作品を楽しむことはできない。
Rubio Quartet
第1楽章: 6'41"
第2楽章: 20'29" 
肩肘張ることなく自然体で紡がれた音楽の流れが心地好い佳演。いわゆる現代的なスマートさが良い結果に結び付いた好例。
Shostakovich Quartet
第1楽章: 8'01"
第2楽章: 19'44" 
力強く安定した演奏。ただ、作品の構成や内容の把握が今一つで、終始散漫に音楽が流れていくのが惜しい。局所的には雰囲気のある演奏なのだが、全曲を通して聴くとどうしても印象が薄い。
Shostakovich Quartet
第1楽章: 7'52"
第2楽章: 20'54" 
手慣れた感じの安定した演奏。技術的には弱い部分も皆無ではないものの、手堅くまとめられている。無難に音楽が流れていくものの、どこか表面的な表現に終始してしまっているのが惜しい。
St Petersburg Quartet
第1楽章: 7'12"
第2楽章: 18'48" 
颯爽とした音楽の流れはスマートであるが、決して音楽の表面をなぞるだけに留まらない充実した秀演。安定した技術と楽曲にふさわしい音色で丹念に紡がれた音楽からは、苦みのある深さを十分に感じ取ることができる。
Taneyev Quartet
第1楽章: 6'10"
第2楽章: 18'24" 
きびきびとしたスマートな演奏だが、骨太の音色のおかげで十分なスケール感を持っている。技術的にも安定しており、非常に完成度の高い演奏に仕上がっている。ただ、どこかあっさりし過ぎているのが気にならなくもない。

 作品リストに戻る


 ShostakovichのHome Pageに戻る

Last Modified 2007.12.25

inserted by FC2 system