ENGLISH


弦楽四重奏曲第2番 イ長調 作品68

現在私が所有している録音の一覧です。ステレオまたはディジタルのスタジオ録音のCDをデフォルトとして表記し、それ以外の物については“備考”欄に記します。演奏者の名前をクリックすると、その録音についてのコメントを見ることができます。なお、*印による評価は演奏と録音の両方を考慮しており、5点満点です。また、ディスク番号をクリックするとジャケット画像が別ウィンドウに表示されます。

演奏者録音年レーベル番号備考評価
BEETHOVEN QUARTET (Dmitri Tsyganov, Vasili Shirinsky, Vadim Borisovsky, Sergei Shirinsky)1956VanguardOVC 8077Consonance-81-3005, RCD-16617*****
BORODIN QUARTET (Rostislav Dubinsky, Yaroslav Alexsandrov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1967ShinsekaiSMK-7525-9LP, Chandos-CHAN10064(4), Praga-PRD 250 323*****
BORODIN QUARTET (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1983VictorVICC-40018/23
*****
BORODIN QUARTET (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1990VirginCDC 7 59281 2
*****
BRODSKY QUARTET (Michael Thomas, Ian Belton, Paul Cassidy, Jacqueline Thomas)1989TeldecWPCC-4298
****
QUATUOR DANEL (Marc Danel, Gilles Millet, Tony Nys, Guy Danel)2005Fuga LiberaFUG512
*****
QUATUOR DEBUSSY (Christophe Collette, Anne Ménier, Vincent Deprecq, Yannick Callier)2004ArionARN 68674
****
ÉDER QUARTET (György Selmeczi, Péter Szüts, Sándor Papp, György Éder)1995Naxos8.550975
*****
EMERSON QUARTET (Eugene Drucker, Philip Setzer, Lawrence Dutton, David Finckel)1999DG463 284-2Live****
FITZWILLIAM QUARTET (Christopher Rowland, Jonathan Sparey, Alan George, Iaon Davis)1977LondonF00L-29155/60
*****
GEORGIA QUARTET (Konstantin Vardeli, Tamaz Batiashvili, Nodar Zhvania, Otar Chubinishvili)1981PragaPR 254 042Live(6 June)*****
MANHATTAN QUARTET (Eric Lewis, Roy Lewis, John Dexter, Judith Glyde)1989ESS.A.YCD1007
****
MORGAUA QUARTET (Eiji Arai, Takashi Aoki, Hisashi Ono, Ryoichi Fujimori)1996EMITOCE-9079
****
RASUMOWSKY QUARTET (Dora Bratchkova, Ewgenia Grandjean, Gerhard Müller, Alina Kudelevic)2005OEHMSOC 562
****
RUBIO QUARTET (Dirk Van de Velde, Dirk Van den Hauwe, Marc Sonnaert, Peter Devos)2002Brilliant6429Brilliant-8128****
RUDOLF SCHULZ QUARTET (Rudolf Schulz, W. Kirch, H. Wigand, R. Klemm)
UraniaURLP 7040LP****
SHOSTAKOVICH QUARTET (Andrei Shishlov, Sergei Pishchugin, Alexander Galkovsky, Alexander Korchagin)1984OlympiaOCD 532
****
SHOSTAKOVICH QUARTET (Andrei Shishlov, Sergei Pishchugin, Alexander Galkovsky, Alexander Korchagin)1996SacrambowATCO-1009
*****
SIBELIUS ACADEMY QUARTET (Seppo Tukiainen, Erkki Kantola, Veikko Kosonen, Arto Noras)1994Finlandia4509-98996-2
****
SORREL QUARTET (Gina McCormack, Catherine Yates, Sarah-Jane Bradley, Helen Thatcher)2003ChandosCHAN 10114
****
ST PETERSBURG QUARTET (Alla Aranovskaya, Ilya Teplyakov, Andrei Dogadin, Leonid Shukaev)1994SonySK64584
*****
ST PETERSBURG QUARTET (Alla Aranovskaya, Ilya Teplyakov, Konstantin Kats, Leonid Shukaev)1999HyperionCDA67153
****
SUK QUARTET (Antonín Novák, Vojtech Jouza, Karel Rehák, Jan Štros)1972panton11 0342-3LP****
TANEYEV QUARTET (Vladimir Ovcharek, Grigori Lutsky, Vissarion Soloviev, Iosif Levinzon)1978VictorVICC-40104/9Melodiya-33 C 70-14549-58(LP, 2nd mov. excerpts.)*****
VERLAINE QUARTET (Marie-Pascale Meley, Michel Dietz, Jean-Pascal Oswald, Jean Adolphe)1987Rem311058 XCD
****
ZAGREB QUARTET (Đorđe Trkulja, Marija Cobenzl, Ante Živković, Josip Stojanović)
JugotonLSY-66178LP
ZAPOLSKI QUARTET (Alexander Zapolski, Jacob Soelberg, Flemming Lave, Vanja Louro)1995ClassicoClassCD 135Quadromania-222171-444****
【Recitative and Romance(D. Tsyganov編)】
BRUSSILOVSKY, Alexandre (Vn), GODART, Pascal (Pf)1996maison de la musiqueSC 53006
****

Beethoven Quartet
第1楽章: 7'51"
第2楽章: 9'15"
第3楽章: 5'03"
第4楽章: 9'58" 
初演者の名に恥じない名演。適切なテンポ、引き締まったリズム、絶妙の音色、いずれを取ってもこの曲に相応しい。やや古風な奏法ではあるが、違和感を感じることはなく、各奏者の名技にはただただ圧倒される。
Borodin Quartet
第1楽章: 8'08"
第2楽章: 12'02"
第3楽章: 5'25"
第4楽章: 10'19" 
輝かしくも温かいドゥビーンスキイの魅力が全開。もちろん、それを支える他の3名も単なる伴奏に留まることなく、雄弁で有機的な絡みを披露している。洗練されていながらもロシア風の土臭さを強く漂わせているこの団体の特徴と、作品の持ち味とが見事に結びついた名演。
Borodin Quartet
第1楽章: 8'15"
第2楽章: 12'47"
第3楽章: 5'33"
第4楽章: 11'27" 
土臭さと洗練とが高い次元で融合した名演。しっとりとした深い歌い込みと切れ味鋭い技術の冴えとの対比が、作品の魅力を余すところなく伝えている。正攻法の解釈と卓越した技術、いずれも理想的な出来。
Borodin Quartet
第1楽章: 8'03"
第2楽章: 11'48"
第3楽章: 5'31"
第4楽章: 10'33" 
この団体らしく洗練された秀演。技術的な問題も全くなく、作品の真正な姿を堪能することができる。手慣れた音楽の運びも立派だが、若干スマートに過ぎるような気もしないではない。
Brodsky Quartet
第1楽章: 8'03"
第2楽章: 11'33"
第3楽章: 5'13"
第4楽章: 10'12" 
スマートに音楽が流れていくものの、作品の持つ力感が十分に表出されていないところに不満が残る。各奏者の技量不足も耳につく。
Quatuor Danel
第1楽章: 8'17"
第2楽章: 10'25"
第3楽章: 5'26"
第4楽章: 10'28" 
木の香りがする硬派な音色が心地好い。全体を覆う熱気もさることながら、大柄な音楽の作りが曲によく合っている。第4楽章の歌が感動的。
Quatuor Debussy
第1楽章: 8'28"
第2楽章: 11'49"
第3楽章: 5'39"
第4楽章: 10'42" 
細身の美しい音色はいわゆるロシア臭とは無縁だが、端正に整えられた音楽の流れが好ましい。丹念に細部を辿りながらも、作品の全体を貫く劇性を肩肘張らずに再現しているところが立派。聴きやすさという点では傑出した演奏だろう。
Éder Quartet
第1楽章: 8'18"
第2楽章: 8'58"
第3楽章: 5'43"
第4楽章: 11'02" 
温かみのある豊潤な響きが非常に美しい。伸びやかな歌心も素晴らしく、情感溢れる音楽はこの作品の美質を再認識させてくれる。ただ、若干表現が平坦で曲の持つ劇性が十分に表現されていないのは惜しい。
Emerson Quartet
第1楽章: 7'57"
第2楽章: 9'05"
第3楽章: 5'28"
第4楽章: 10'36" 
もう少し骨太の音色が欲しい気もするものの、推進力のあるスマートな演奏。音楽的にも技術的にも一層の磨き上げを求めたいところだが、演出の力で十分聴かせている。この団体のショスタコーヴィチ演奏の中では出来の良い部類だろう。
Fitzwilliam Quartet
第1楽章: 8'35"
第2楽章: 11'07"
第3楽章: 5'42"
第4楽章: 10'20" 
作品の様式を確実に捉えた秀演。丁寧な仕上げがとても美しい。技術的な切れ味や尋常ならざる勢いや力感で圧倒するというよりは、真摯なアプローチで響きと旋律の美しさ、そしてリズムの特徴を聴かせるという感じ。大変素敵な演奏。
Georgia Quartet
第1楽章: 6'16"
第2楽章: 10'36"
第3楽章: 5'22"
第4楽章: 9'38" 
充実した内容を持つ好演。やや垢抜けない部分もあるものの、アンサンブルは堅実な安定感を持ち、ロシア風情緒を見事に表出している。リズムの処理やテンポ設定等は模範的なもので、ライヴ録音らしい熱気も兼ね備えた、まずは無難な演奏だと言えるだろう。欲を言えば、随所により一層の切実さを求めたいところだが。
Manhattan Quartet
第1楽章: 8'04"
第2楽章: 10'04"
第3楽章: 5'45"
第4楽章: 10'45" 
無難にこなしているものの、表現の底が浅く、熱気もどこか作り物くさい。平凡な出来。
Morgaua Quartet
第1楽章: 7'59"
第2楽章: 11'02"
第3楽章: 5'18"
第4楽章: 10'08" 
しっかりと弾き込まれた印象を受けるが、全体にやや平板な印象。雰囲気はよく出ているものの、技術的にも粗さが気になる。
Rasumowsky Quartet
第1楽章: 8'07"
第2楽章: 9'43"
第3楽章: 5'16"
第4楽章: 10'00" 
ロシア情緒や伸びやかな歌には欠けるが、Tutti時の安定した統一感が悪くない。
Rubio Quartet
第1楽章: 8'03"
第2楽章: 10'53"
第3楽章: 5'59"
第4楽章: 10'47" 
熱く自然な音楽の流れが魅力的な佳演。ヴァイオリンの線が細い感じもするが、技術的には特に不満はない。音楽が少々高血圧的な激情一辺倒になりがちで、今一つ深みを獲得できていないのが惜しい。
Rudolf Schulz Quartet
Total Time:34'14" 
演奏そのものは至極まっとうなもの。この作品が持つ泥臭いロシア情緒は後退しているが、端正なフレージングと堅実な演奏技術でしっかりとまとめあげているところに好感が持てる。
Shostakovich Quartet
第1楽章: 8'10"
第2楽章: 11'05"
第3楽章: 5'33"
第4楽章: 10'41" 
力強く溌剌とした演奏。少々の技術的なアラも勢いで聞かせてしまう。ただ、表情も音色も一本調子で、あまりにも単調な印象に終始するのが残念。
Shostakovich Quartet
第1楽章: 8'48"
第2楽章: 10'49"
第3楽章: 6'10"
第4楽章: 11'24" 
土臭い力感に溢れながらも、歌心に満ちた演奏。野暮ったさの残る響きが不思議と魅力的。聴き手を圧倒するというよりは、自然に音楽に引き込んでしまうような雰囲気がなかなか素敵。
Sibelius Academy Quartet
第1楽章: 8'18"
第2楽章: 10'56"
第3楽章: 5'40"
第4楽章: 10'32" 
音色が若干垢抜けないものの、上品で澄んだ響きはなかなか。安定した中低音(特にチェロのノラス)も魅力的だが、全体に音楽があっさりと流れすぎる傾向があり、今一つ高揚感に欠ける。
Sorrel Quartet
第1楽章: 8'42"
第2楽章: 11'16"
第3楽章: 5'30"
第4楽章: 12'20" 
わりと良い演奏。伸びやかな歌と洗練されたアンサンブルが心地好い。…が、終楽章だけは退屈。なぜか、他の楽章ほどロシア情緒が感じられない。変奏の弾き分けもあまり冴えない。
St Petersburg Quartet
第1楽章: 8'24"
第2楽章: 10'10"
第3楽章: 6'04"
第4楽章: 10'25" 
技術的な不安はなく、ロシア流儀の骨太の音が心地好い。若々しい情熱が自然な形で表出されており、作品の魅力が素直に引き出されている。ややスマートな音楽の作りではあるものの、充実した内容を持つ好演。
St Petersburg Quartet
第1楽章: 8'44"
第2楽章: 8'55"
第3楽章: 6'10"
第4楽章: 10'59" 
安定した技巧と美しい音色を持った、ソツのない仕上がり。安心して聴くことができるものの、あまりにスマートに音楽が流れていくためか、聴き手に強い印象を残すようなことがない。好みにもよるだろうが、筆者には物足りない。
Suk Quartet
時間不詳
地味ながらも雰囲気の良い演奏。アンサンブルは安定しているが、全体にやや線の細さが気になる瞬間もある。チェコ独特の弦の音色が美しく、味わい深い仕上がりになっている。ファンにはたまらない響きだろう。
Taneyev Quartet
第1楽章: 8'16"
第2楽章: 10'38"
第3楽章: 6'22"
第4楽章: 10'58" 
きびきびとした動きの中にも、骨太の歌と情熱がぎっしりと詰まった秀演。ただ、録音状態も大きく影響しているのだろうが、全体に荒っぽい感じが強い。
Verlaine Quartet
第1楽章: 6'42"
第2楽章: 9'17"
第3楽章: 6'54"
第4楽章: 11'05" 
よく整ったアンサンブルで、作品の雰囲気もよく捉えている。ややあっさりした印象だが、これといった個性があるわけではない。作品を知るのに過不足ない演奏といったところか。
Zagreb Quartet
時間不詳
Zapolski Quartet
第1楽章: 9'16"
第2楽章: 11'52"
第3楽章: 7'45"
第4楽章: 11'41" 
全体に細身の音で、時折はっとするような鮮烈な響きがする一方、全体的には妙にささくれだった印象。かなり遅めのテンポで脂っこい表情付けにも好き嫌いが分かれるだろう。
A. Brussilovsky (Vn), P. Godart (Pf)
第1楽章:  
第2楽章: 10'15"
第3楽章:  
第4楽章:   
レチタティーヴの部分はそれなりに聴けるものの、ロマンスの部分が妙に独奏と伴奏というような感じになってしまい、不満が残る。全体にメリハリの感じられない演奏で、小品として聴くには退屈な仕上がり。

 作品リストに戻る


 ShostakovichのHome Pageに戻る

Last Modified 2017.06.21

inserted by FC2 system