ENGLISH


ピアノ五重奏曲 ト短調 作品57

現在私が所有している録音の一覧です。ステレオまたはディジタルのスタジオ録音のCDをデフォルトとして表記し、それ以外の物については“備考”欄に記します。演奏者の名前をクリックすると、その録音についてのコメントを見ることができます。なお、*印による評価は演奏と録音の両方を考慮しており、5点満点です。また、ディスク番号をクリックするとジャケット画像が別ウィンドウに表示されます。

ピアノ弦楽四重奏録音年レーベル番号備考評価
ALLER, VictorHollywood Quartet (Felix Slatkin, Paul Shure, Paul Robyn, Eleanor Aller)1952TestamentSBT 1077Capitol-LAL 9024(10" mono, 3rd mov. only.)****
APPLE HILL CHAMBER PLAYERS (Phillip Levy, Rebecca Stout, Betty Hauck, Paul Cohen, Eric Stumacher)1989CentaurCRC 2157
****
ARGERICH, MarthaRenaud Capuçon, Alissa Margulis (Vn), Lida Chen (Va), Mischa Maisky (Vc)2006EMI50999 5 04504 2 8Live(21 June)*****
ASHKENAZY, VladimirFitzwilliam Quartet (Christopher Rowland, Jonathan Sparey, Alan George, Iaon Davis)1983LondonF35L-50441
*****
AUER, EdwardChristiaan Bor, Paul Rosenthal (Vn), Marcus Thompson (Va), Godfriend Hoogeveen (Vc)1990Vanguard99098Brilliant-7535, Brilliant-8128****
BALSAM, ArturBudapest Quartet (Joseph Roisman, Jac Gorodetzky, Boris Kroyt, Mischa Schneider)1951Bridge9175Live(18 Dec.)****
BEAUX ARTS TRIO (Isidore Cohen (Vn), Peter Wiley (Vc), Menahem Pressler (Pf))Eugene Drucker (Vn), Lawrence Dutton (Va)1989Philips432 079-2
****
BENSON, CliffordAlberni Quartet (Howard Davis, Peter Pople, Roger Best, David Smith)1978crdCRD 1051LP****
BERMAN, BorisVermeer Quartet (Shmuel Ashkenasi, Mathias Tacke, Richard Young, Marc Johnson)2000Naxos8.554830
****
BERNÁTHOVÁ, EvaJanácek Quartet (Jirí Trávnícek, Adolf Sykora, Jirí Kratochvíl, Karel Krafka)1960Supraphon25CO-2316Columbia-OS-2141-S(LP)****
BINGHAM, JohnMedici Quartet (Paul Robertson, David Matthews, Ivo-Jan van der Werff, Anthony Lewis)1988NimbusNI 5156
***
BLACKSHAW, ChristianBrodsky Quartet (Andrew Haveron, Ian Belton, Paul Cassidy, Jacqueline Thomas)2001Challenge ClassicsCC72093
****
BOGINO, KonstantinPavel Vernikov, Yoshiko Arai (Vn), Vladimir Mendelssohn (Va), Anatole Liebermann (Vc)1989Kuhmon KamarimusiikkiKKKY 008LP, Live(30 July)****
BORODIN TRIO (Rostislav Dubinsky (Vn), Yuli Turovsky (Vc), Lyubov Edlina (Pf))Mimi Zweig (Vn), Jerry Horner (Va)1983ChandosCHAN8342
*****
BRONFMAN, YefimJulliard Quartet (Joel Smirnoff, Ronald Copes, Samuel Rhodes, Joel Krosnick)1999SonySK 60677Sony-82876-79018-2***
BROWN, IanSchidlof Quartet (Ofer Falk, Rafael Todes, Graham Oppenheimer, Oleg Kogan)1996LinnCKD 065
****
QUINTETTO CHIGIANO (Sergio Lorenzi, Riccardo Brengola, Mario Benvenuti, Giovanni Leone, Lino Filippini)
DeccaLXT 2749LP****
EDLINA, LyubovBorodin Quartet (Rostislav Dubinsky, Yaroslav Alexsandrov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1968VictorVICC-2118
*****
ESBJERG ENSEMBLE (Sakari Tepponen, Niels Christian Øllgaard, Michel Camille, Alexei Kalatchev, Ulrich Stærk)1998ClassicoCLASSCD 273Quadromania-222171-444****
GOLAN, ItamarJulian Rachlin, Janine Jansen (Vn), Yuri Bashmet (Va), Mischa Maisky (Vc)2006OnyxONYX 4026Live(13 Dec.)****
HELMCHEN, MartinPieter Schoeman, Vesselin Gellev (Vn), Alexander Zemtsov (Va), Kristina Blaumane (Vc)2010London Philharmonic OrchestraLPO-0053Live(24-25 June)****
KALISH, GilbertBoston Symphony Chamber Players (Malcom Lowe, Marylou Speaker Curchill, Steven Ansell, Jules Eskin)1996-7ArabesqueZ6715
****
KASMAN, YakovTalich Quartet (Jan Talich, Peter Macecek, Vladimir Bukac, Petr Prause)2001CalliopeCAL 9320
****
LANGER, MiroslavTalich Quartet (Peter Messiereur, Jan Kvapil, Jan Talich, Evzen Rattay)1976PragaPR 254 042
****
LANGER, MiroslavTalich Quartet (Peter Messiereur, Jan Kvapil, Jan Talich, Evzen Rattay)1978Supraphon1111 2484LP****
LE GUAY, Claire-MarieQuatuor Debussy (Christophe Collette, Anne Ménier, Vincent Deprecq, Yannick Callier)2004ArionARN 68675
****
LEONSKAJA, ElisabethBorodin Quartet (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1995TeldecWPCS-6434
*****
MELOS ENSEMBLE OF LONDON (Emanuel Hurwitz, Ivor McMahon, Cecil Aronowitz, Terence Weil, Lamar Crowson)1964L'Oiseau-LyreSOL 267LP****
MUSIC GROUP OF LONDON (Hugh Bean, Penny Hart, Christopher Wellington, Eileen Croxford, David Parkhouse)
ASVALH929LP****
NASEDKIN, AlexeiShostakovich Quartet (Andrei Shishlov, Sergei Pishchugin, Alexander Galkovsky, Alexander Korchagin)1980MelodiyaC10 17213-4LP****
NASH ENSEMBLE (Marcia Crayford, Elizabeth Layton, Roger Chase, Christopher van Kampen, Ian Brown)1990VirginVC 7 59312 2
****
NORTON, EuniceJULLIARD QUARTET(Robert Mann, Robert Koff, Raphael Hillyer, Arthur Winograd)1952American Federation of MusiciansCB 158LP. Live***
OBORIN, LevBeethoven Quartet (Dmitri Tsyganov, Vasili Shirinsky, Vadim Borisovsky, Sergei Shirinsky)1960TritonMECC-26020Live*****
ORBELIAN, ConstantineMoscow Quartet (Yevgenia Alikhanova, Valentina Alikova, Tatyana Kohanovskaya, Olga Ogranovich)1991Russian DiscRD CD 10 031
****
PETROV, NikolaiBORODIN Quartet (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitry Shebalin, Valentin Berlinsky)1977Melodiya33 C 10-09181-82LP****
PIHTIPUDAS KVINTETTI (Götz Bernau, Antti Meurman, Ulla Kekko, Juha Malmivaara, Jaakko Untamala)1996Edition AbseitsEDA 010-2
****
QUINTETTE PRO ARTE DE MONTE-CARLO (Jean-Claude Abraham, Renée Charnaix-Anderson, Jean-Pierre Pigerre, Lane Anderson, Fernande Laurent-Biancheri)1979SolsticeMN01LP***
QUINTETTE PRO ARTE DE MONTE-CARLO (Bojidar Bratoev, Daniel Lagarde, Jean-Pierre Pigerre, Shigheki Sakuraba, Fernande Laurent-Biancheri)1993Auvidis ValoisV 4702
***
RICHTER, SviatoslavBorodin Quartet (Rostislav Dubinsky, Yaroslav Alexsandrov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1966IntaglioINCD 7561Live(17 July)****
RICHTER, SviatoslavBorodin Quartet (Mikhail Kopelman, Andrei Abramenkov, Dmitri Shebalin, Valentin Berlinsky)1983VictorVDC-1142Live(5-6 Dec.), BMG-74321 40713 2*****
SHOSTAKOVICH, DmitryBeethoven Quartet (Dmitri Tsyganov, Vasili Shirinsky, Vadim Borisovsky, Sergei Shirinsky)1940DanteLYS 369-370Multisonic-31 0179-2*****
SHOSTAKOVICH, DmitryBeethoven Quartet (Dmitri Tsyganov, Vasili Shirinsky, Vadim Borisovsky, Sergei Shirinsky)1950VictorVICC-2048Revelation-RV70005, Vanguard-OVC 8077, Vanguard-VRS-6032(LP)*****
SHOSTAKOVICH, DmitryBeethoven Quartet (Dmitri Tsyganov, Vasili Shirinsky, Vadim Borisovsky, Sergei Shirinsky)1955Moscow ConservatorySMC CD 0058Live(20 Jan.)*****
STOTT, KathrynLondon Musici Quartet (Lyn Fletcher, Jackie Hartley, Edward Vanderspar, Martin Loveday)1990Conifer75605 51194 2
****
TCHAIKOVSKY TRIO (Pavel Vernikov (Vn), Anatole Liebermann (Vc), Konstantin Bogino (Pf))Yoshiko Arai (Vn), Vladimir Mendelssohn (Va)1989OndineODE744-2
****
URYASH, IgorSt Petersburg Quartet (Alla Aranovskaya, Ilya Teplyakov, Alexei Koptev, Leonid Shukaev)2003HyperionCDA67158
*****
WARSAW QUINTET (Bronisław Gimpel, Tadeusz Wroński, Stefan Kamasa, Aleksander Ciechański, Władysław Szpilman)
MuzaXL 0270LP****
WOODWARD, RogerEdinburgh Quartet (Miles Baster, Peter Markham, Michael Beeston, Christopher Gough)1978RCARL 25224LP****
ZECHLIN, DieterNovák Quartet (Antonin Novák, Dušan Pandula, Josef Podjukl, Jaroslav Chovanec)1969Eterna8 26 017LP****

V. Aller/Hollywood Quartet
第1楽章: 4'12"
第2楽章: 8'15"
第3楽章: 2'49"
第4楽章: 6'28"
第5楽章: 6'58" 
安定した技術と、やや細身ながらも美しい音色を持った美演。若々しい表情と勢いに満ちた音楽作りに好感が持てる。早目のテンポによる颯爽とした演奏は格好が良いが、第2楽章などで深い味わいに欠けるのが惜しい。
Apple Hill Chamber Players
第1楽章: 4'40"
第2楽章: 10'29"
第3楽章: 3'30"
第4楽章: 6'21"
第5楽章: 7'07" 
全体の雰囲気は悪くない。幅の広い抒情的な演奏は、この曲の魅力の一面を素直に表現しているといえよう。しかし、弦楽器の癖のあるヴィブラートや、チェロの高音域での音色などは好き嫌いが分かれるところであろうし、第2楽章などでは考えすぎて音楽の流れが途切れる部分もある。
M. Argerich (Pf), R. Capuçon, A. Margulis (Vn), L. Chen (Va), M. Maisky (Vc)
第1楽章: 4'26"
第2楽章: 11'29"
第3楽章: 3'20"
第4楽章: 7'34"
第5楽章: 7'38" 
ルガーノで行なわれた「プロジェクト・アリゲリッチ」2006年(有名なルガーノ音楽祭とは別物)のライヴ録音。アルゲリッチ主導の音楽作りだが、大柄でありながらニュアンスに富んだ抒情的な演奏は、弦楽器奏者の寄与するところも大だろう。ただ、チェロ(マイスキー)の歌い回しは少々甘口に過ぎる。ヴァイオリンのR. カプソンの気品ある端正な音楽に救われている感じ。全体にアルゲリッチとカプソンの素晴らしさが際立つが、残念なのはヴィオラの弱さ。この音色では、特に第2楽章などは淡白に過ぎてつまらない。
V. Ashkenazy/Fitzwilliam Quartet
第1楽章: 4'30"
第2楽章: 11'01"
第3楽章: 3'13"
第4楽章: 6'12"
第5楽章: 7'17" 
スケールの大きな名演。ショスタコーヴィチの室内楽を知り尽くしたフィッツウィリアムQと、曲との相性が良いのか絶好調のアシケナージとのアンサンブルがツボにはまっている。ロシア色を前面に押し出してはいないが、自然にロシア風の情緒が漂う中にも、どこか西側の団体らしい洗練が感じられるところもこの曲にふさわしい。聴き応えのある演奏だ。
E. Auer (Pf), C. Bor, P. Rosenthal (Vn), M. Thompson (Va), G. Hoogeveen (Vc)
第1楽章: 4'30"
第2楽章: 9'01"
第3楽章: 3'20"
第4楽章: 6'11"
第5楽章: 7'04" 
これといった特徴の感じられない演奏。安定しているので、取り立てて悪い点はない。
A. Balsam/Budapest Quartet
第1楽章: 4'20"
第2楽章: 9'55"
第3楽章: 3'21"
第4楽章: 6'33"
第5楽章: 6'52" 
少々ロマンティックに過ぎる部分もあって好みは分かれるだろうが、集中度の高い緊密なアンサンブルと造形の確かさは立派なもの。ピアノにはあまり主張が感じられないが、悪くはない。
Beaux Arts Trio, E. Drucker (Vn), L. Dutton (Va)
第1楽章: 4'12"
第2楽章: 9'46"
第3楽章: 3'27"
第4楽章: 6'34"
第5楽章: 7'17" 
演奏の内容そのものはごく標準的なものなのだが、鼻のつまったような耳障りな音色が好ましくない。アンサンブルは手堅いのだが、内声がしっくりと溶け込んでいないために全体の響きが薄くなるところも散見される。
C. Benson/Alberni Quartet
第1楽章: 4'24"
第2楽章: 9'35"
第3楽章: 3'14"
第4楽章: 6'38"
第5楽章: 6'52" 
ごく不通の仕上がり。落ち着いた響きではあるが、音に力があまり感じられないところに好みが分かれるだろう。
B. Berman/Vermeer Quartet
第1楽章: 4'21"
第2楽章: 9'14"
第3楽章: 3'22"
第4楽章: 6'48"
第5楽章: 7'16" 
地に足のついたアンサンブルと丁寧な解釈に好感が持てる。押しの強さには欠けるが、作品の美しさを味わうには全く不足しない。
E. Bernáthová/Janácek Quartet
第1楽章: 4'15"
第2楽章: 10'40"
第3楽章: 3'30"
第4楽章: 6'50"
第5楽章: 6'25" 
ピアノ、弦楽四重奏共に素朴な音色が心地良いものの、線が細すぎるのが欠点。技術的な切れ味にも不足する。楽譜そのもののミス故か、音が違うところが幾つかあるのも残念。作品の美しさを味わうことができるが、それはこの作品の一つの側面に過ぎない。
J. Bingham/Medici Quartet
第1楽章: 4'44"
第2楽章: 10'10"
第3楽章: 3'41"
第4楽章: 5'33"
第5楽章: 6'48" 
テンポや節回しが奇妙な訳ではなく、技術的にもまずまずの(決して十分だとは言えないが)出来だとは思うが、全く納得いかない。結局は、演奏者の力量が不足しているということなのだろう。
C. Blackshaw/Brodsky Quartet
第1楽章: 4'29"
第2楽章: 10'37"
第3楽章: 3'29"
第4楽章: 7'12"
第5楽章: 8'09" 
熱気のある、流れの良い佳演。表現の多彩さや深さには欠けるが、作品の魅力を素直に伝えてくれる。
K. Bogino (Pf), P. Vernikov, 新井淑子 (Vn), V. Mendelssohn (Va), A. Liebermann (Vc)
第1楽章: 5'24"
第2楽章: 9'57"
第3楽章: 3'17"
第4楽章: 7'15"
第5楽章: 7'32" 
フィンランドで行われたクフモ室内楽音楽祭のライヴ録音。清冽で美しい演奏だが、1st Vnの線が細く、全体にも同じような印象におさまってしまったのが惜しい。少なくともヴィオラとチェロは、より深く骨太な音色を聴かせてほしいところだ。なおこのライヴの数ヵ月後に、同メンバーでスタジオ録音が行われている。
Borodin Trio, M. Zweig (Vn), J. Horner (Va)
第1楽章: 4'44"
第2楽章: 12'13"
第3楽章: 3'47"
第4楽章: 7'21"
第5楽章: 7'34" 
解釈そのものは非常に模範的。やや遅めのテンポ設定だが、決して弛緩することはない。しっとりとした歌い回しが重視されているが、それにも増して全曲を貫く並々ならぬ力の入った共感に圧倒される。これをどう受け止めるかは個人の嗜好によるだろうが、時として辟易するほど重いことも事実。また、気持ちが入りすぎて音が汚くなる(特にチェロ)ことがあるのも惜しい。
Y. Bronfman/Julliard Quartet
第1楽章: 4'09"
第2楽章: 10'14"
第3楽章: 3'22"
第4楽章: 6'32"
第5楽章: 6'51" 
ソツのないアンサンブルが繰り広げられているが、アーティキュレーションやイントネーションに著しく違和感が残る。弦楽四重奏の鋭く繊細な響きと、ピアノの大柄で粘り気のある響きも融合しているとはいえず、個性的な解釈というような次元には遠く及ばない。また、意外なほど音色が感じられないのも不満。
I. Brown/Schidlof Quartet
第1楽章: 4'44"
第2楽章: 10'18"
第3楽章: 3'27"
第4楽章: 6'38"
第5楽章: 7'02" 
安定した美しい演奏。曲の魅力を素直に味わうことができる。さらなる深みを求めたいところではあるが、まずは及第点に達している。
Quintetto Chigiano
時間不詳
歌心に満ちた美演。切れ味の鋭さには不足するものの、技術的にもほとんど不満はない。才気走ったショスタコーヴィチらしさはあまり感じられないが、こういうふくよかな音楽の作りもこの作品には悪くない。録音はさすがに古いが、どこかのんびりとした懐かしい雰囲気がこの演奏には合っているのかもしれない。
L. Edlina/Borodin Quartet
第1楽章: 4'24"
第2楽章: 11'22"
第3楽章: 3'32"
第4楽章: 6'46"
第5楽章: 6'57" 
完璧といって良い名演。ショスタコーヴィチが頭の中で聴いていたであろうロシア流儀の太く暖かい音色と、正確な技術が楽譜を余すところなく音化している。どこか現代的でスマートな演奏スタイルも、この曲にふさわしい。しかも、自然で清らかな音楽の流れが素晴らしく、一瞬たりとも弛緩したり、性急に感じられたりすることがない。加えて、全ての音に切なくも暖かい情感が満ちている。
Esbjerg Ensemble
第1楽章: 4'21"
第2楽章: 9'27"
第3楽章: 3'34"
第4楽章: 6'19"
第5楽章: 7'10" 
よく安定した、なかなか美しい演奏。線は細いが、丁寧に整えられているところに好感が持てる。ただ、曲の複雑な表情を十全に表出しているとまでは言えず、訴えかける力にも不足するのは否めない。
I. Golan (Pf), J. Rachlin, J. Jansen (Vn), Y. Bashmet (Va), M. Maisky (Vc)
第1楽章: 4'21"
第2楽章: 10'20"
第3楽章: 3'13"
第4楽章: 6'52"
第5楽章: 7'19" 
ヴァイオリンとピアノの若手グループの表現力が足らず、色々やっているわりに訴えかけるものがない。小手先の技にやや走りがちなラクリンを脇から引き締めているバシメートとマイスキーには風格を感じるものの、演奏全体に風格が漂っていないのは残念だ。
M. Helmchen (Pf), P. Schoeman, V. Gellev (Vn), A. Zemtsov (Va), K. Blaumane (Vc)
第1楽章: 4'53"
第2楽章: 11'13"
第3楽章: 3'28"
第4楽章: 7'08"
第5楽章: 7'25" 
安定感のある美しい演奏。奇を衒うことのない、ごくごくオーソドックスな解釈は悪くないが、もう少し練り上げられた緊密なアンサンブルを求めたいところ。
G. Kalish/Boston Symphony Chamber Players
第1楽章: 4'39"
第2楽章: 9'39"
第3楽章: 3'25"
第4楽章: 6'37"
第5楽章: 7'16" 
安定した演奏。妙な力が入っていない、自然体の音楽作りが好ましい。音色や節回しは好みが分かれるかもしれないが、とりたてて問題視するような内容はない。
Y. Kasman/Talich Quartet
第1楽章: 4'41"
第2楽章: 11'02"
第3楽章: 3'31"
第4楽章: 7'00"
第5楽章: 7'18" 
ゆったりとした力みのない抒情性が心地好い。圧倒的な力強さには欠けるものの、作品の美質をいかにも室内楽的に引き出している。ただ個人的にはもう少し切れ味の鋭さが欲しいところではあるが。
M. Langer/Talich Quartet
第1楽章: 3'35"
第2楽章: 9'53"
第3楽章: 3'11"
第4楽章: 6'18"
第5楽章: 5'57" 
演奏そのものは、悪くない。よく練られたアンサンブルと、旧チェコスロヴァキア特有のしっとりとした響きが美しい。独特の土臭さを感じさせながらも、洗練された抒情を歌い上げている。しかしながら、ピアノの左手(低音)が非常に弱い。これは録音の問題だろうが、致命的。また、楽譜に誤植が多いのか、半音違って弾かれている部分がかなりあるのも問題。
M. Langer/Talich Quartet
第1楽章: 3'55"
第2楽章: 10'35"
第3楽章: 3'10"
第4楽章: 6'45"
第5楽章: 5'55" 
ほぼ同時期の同メンバーによるPraga盤と、当然ながらほぼ同内容。Pragaレーベルだけに同一録音の可能性もないわけではないが、細かいテンポ変動などを比較すると違う演奏のような気がする。
C. - M. Le Guay/Quatuor Debussy
第1楽章: 4'42""
第2楽章: 10'53"
第3楽章: 3'40"
第4楽章: 6'48"
第5楽章: 7'30" 
残念ながらいまひとつ冴えない出来。ゆったりとした音楽の構えは良いが、スケール感や感情表現の起伏などに中途半端さが否めない。
E. Leonskaja/Borodin Quartet
第1楽章: 4'48"
第2楽章: 11'27"
第3楽章: 3'41"
第4楽章: 6'47"
第5楽章: 7'14" 
耽美的なまでに抒情的な演奏。全ての旋律が美しく歌い込まれ、どんな瞬間にも決して激することはない。これほどまでに落ち着いた第3楽章は珍しい。第2楽章での深い味わいにも不足せず、特に第5楽章の開放感は素晴らしい。非常に個性的な演奏なので、好き嫌いは分かれるだろう。しかし、安定した技術も含めて素晴らしい演奏であることは間違いない。
Melos Ensemble of London
時間不詳
整然としたまとまりがきれいな演奏。素直な音楽の流れが好ましいが、これといった特徴はなく、印象が薄い。
Music Group of London
時間不詳
安定した、ごく平均的な演奏。技術的な不満もほとんどなく、楽曲解釈も模範的なもの。ただ、音色に艶や輝きがないので、印象は薄い。
A. Nasedkin/Shostakovich Quartet
第1&2楽章: 16'57"
第3楽章: 3'07"
第4&5楽章: 13'49" 
若々しい響きと勢いを持った、素直な音楽の流れが気持ち良い。ただ表情の起伏には乏しく、やや単調に感じられるのが惜しい。作品の表面的な美しさは十分に表出しているものの、深みには欠ける。
Nash Ensemble
第1楽章: 4'26"
第2楽章: 10'23"
第3楽章: 3'17"
第4楽章: 6'37"
第5楽章: 7'10" 
なかなか美しい演奏。無理にスケール感を出そうと気張ったり、大げさな表情付けをしたりしない、良い意味でリラックスした等身大の音楽が繰り広げられている。この曲が広く親しまれている理由を、素直に再認識させる佳演。
E. Norton/Julliard Quartet
時間不詳
ジュリアードQの初代メンバーによる演奏。速めのテンポにも関わらず、濃い口の歌い回しゆえに、不思議と素っ気なさはあまり感じられない。ただ、ライヴ録音とはいえ、第1楽章の終わりでアンサンブルが派手に乱れるなど、全体に荒っぽい仕上がりなのが気になる。
L. Oborin/Beethoven Quartet
第1楽章: 3'48"
第2楽章: 9'43"
第3楽章: 3'32"
第4楽章: 6'19"
第5楽章: 6'12" 
ライヴ特有の瑕も多少あるが気になるようなことはなく、円熟を迎えていたベートーヴェン四重奏団の力強くも深みを持った音楽を堪能することができる。オボーリンのピアノは室内楽のツボを押えながら端正に音を積み上げており、幾分堅苦しさを感じさせはするものの立派な出来。音飛びの多い録音の悪さが残念である。
C. Orbelian/Moscow Quartet
第1楽章: 4'38"
第2楽章: 11'09"
第3楽章: 3'32"
第4楽章: 7'11"
第5楽章: 7'29" 
整然とまとめられているだけでなく、若々しい表情を持った自然な音楽の流れが心地好い。聴き手を圧倒するような力感には欠けるが、緩徐楽章での落ち着いた味わいはなかなか良い。
N. Petrov/Borodin Quartet
Total Time: 34'44" 
1st Vnがコーペリマンに交代して間もない頃のボロディーンQの演奏ということで期待してしまうところだが、内容はごく平凡なもの。ピアニストの表現も平板なもので、技術的にも音楽的にも詰めが甘い。
Pihtipudas Kvintetti
第1楽章: 4'21"
第2楽章: 9'04"
第3楽章: 3'33"
第4楽章: 6'13"
第5楽章: 7'31" 
特別悪い演奏ではないが、線が細く、これといって惹きつけられる点はない。
Quintette Pro Arte de Monte-Carlo
第1楽章: 4'01"
第2楽章: 9'06"
第3楽章: 3'33"
第4楽章: 6'17"
第5楽章: 6'47" 
全体におっとりとした“室内楽的な”雰囲気ではあるが、こういう演奏様式がショスタコーヴィチにふさわしいとは思えない。
Quintette Pro Arte de Monte-Carlo
第1楽章: 4'19"
第2楽章: 10'53"
第3楽章: 3'30"
第4楽章: 7'15"
第5楽章: 7'17" 
音楽的にも技術的にも垢抜けない演奏。線の細い歌い回しに美しさを感じる聴き手もいるかもしれないが、この曲の美しさとは異質なもの。他に良い演奏はいくらでもある。
S. Richter/Borodin Quartet
第1楽章: 4'39"
第2楽章: 10'55"
第3楽章: 3'57"
第4楽章: 7'46"
第5楽章: 7'07" 
この顔合わせによる演奏の悪かろうはずがない。のだが、期待の割りには冴えない印象が残る(もちろん水準はクリアしているのだが)。リヒテルの重い音楽と、ボロディーンQのスマートな音楽とが十分に噛み合っていないようだ。結果としてどこか鈍重さの残る、煮えきらない仕上がりになってしまったのだろう。この組み合わせが解釈を完成させるのは、後年の録音においてである(ただし、リヒテル寄りではあるが)。
S. Richter/Borodin Quartet
第1楽章: 4'41"
第2楽章: 11'15"
第3楽章: 3'58"
第4楽章: 7'49"
第5楽章: 7'52" 
非常に重厚な演奏。ライヴ録音だが、技術上の瑕は全くといってよいほどない。この曲の持つ瞑想的な側面が生かされた解釈である。ボロディーン四重奏団の美質が、巨大なリヒテルに包まれながら発揮されている。どちらかといえばリヒテルの個性が前面に出ているものの、横綱相撲とでも形容できる貫禄に満ちた演奏。
D. Shostakovich/Beethoven Quartet
第1楽章: 4'56"
第2楽章: 12'26"
第3楽章: 3'43"
第4楽章: 8'11"
第5楽章: 7'18" 
全体にゆったりとしたテンポで、この曲の抒情的な美しさを丁寧に表出した名演。録音も、各奏者の名技を堪能するには十分にクリアなもの(さすがに強奏では音が割れているが)。若々しい張りが感じられ、非常に魅力的な演奏だ。
D. Shostakovich/Beethoven Quartet
第1楽章: 3'40"
第2楽章: 10'33"
第3楽章: 3'06"
第4楽章: 6'27"
第5楽章: 5'54" 
録音は悪いが、全ての面において理想的な名演。そっけないほどインテンポで音楽は進んでいくが、一音一音に何と豊かなニュアンスが込められていることか!絶頂期にあったベートーヴェン四重奏団の美しい音色も筆舌に尽くしがたい。ボリソフスキイの深いヴィオラの音は、特に素晴らしい。抒情的な部分とリズミカルな部分とのバランスが極めて適切にとられていて、どの一瞬をとっても弛緩していることがない。2楽章や4楽章で表現されている世界の深さにも、ただただ驚くばかりだ。
D. Shostakovich/Beethoven Quartet
第1楽章: 3'47"
第2楽章: 9'42"
第3楽章: 3'08"
第4楽章: 6'15"
第5楽章: 6'00" 
テンポは有名なスタジオ録音とほぼ同じで、彼らの中でこの作品の基本的な解釈が固まったことの証左だろう。作曲家自身の演奏であることも考えるならば、この演奏をもって決定的な楽曲解釈としてもよい。ショスタコーヴィチのコンディションも良かったのか、技術的な破綻はほとんどない。第3楽章のうねるような音響も印象的だが、早めのテンポにも関わらず噛みしめるように繰り返されるフーガ主題が聴き手に深く訴えかける第2楽章が特に素晴らしい。
K. Stott/London Musici Quartet
第1楽章: 4'42"
第2楽章: 9'44"
第3楽章: 3'23"
第4楽章: 6'34"
第5楽章: 7'05" 
堅実な演奏だが、重く悲劇的な音調が支配的で若干違和感を覚える。響きもどこか突き放したような冷たさが感じられ、この曲の魅力とは異質なもののように思われる。何となく不思議な感触を持った演奏。
Tchaikovsky Trio, Y. Arai (Vn), V. Mendelssohn (Va)
第1楽章: 5'31"
第2楽章: 10'10"
第3楽章: 3'29"
第4楽章: 6'43"
第5楽章: 7'43" 
爽やかな感触を持った美演。ただ、ピアノが若干強すぎるのか、室内楽的なバランスはあまり良くない。曲の持つ肌合いは素直に再現されているものの、有無を言わさぬ説得力を持ち合わせるところにまでは達していないのが惜しい。
I. Uryash/St Petersburg Quartet
第1楽章: 5'10"
第2楽章: 11'47"
第3楽章: 3'29"
第4楽章: 7'31"
第5楽章: 6'58" 
卓越した技術に支えられた余裕のある演奏は、この作品の美質を十二分に引き出している。じっくりと歌いこまれた緩徐楽章が、特に素晴らしい。
Warsaw Quintet
時間不詳
率直に言って、それほど巧さを感じる演奏では全くないが、素朴な味わいを持った音色と、5人が一体となって音楽に没入しているような熱気が、無視してしまうには惜しい魅力を持っている。
R. Woodward/Edinburgh Quartet
第1楽章: 4'42"
第2楽章: 11'34"
第3楽章: 3'15"
第4&5楽章: 14'16" 
技術的には垢抜けないものの、作品に対する共感の深さが好印象。肩の力が抜けた素直な音楽の運びがなかなか良い。
D. Zechlin/Novák Quartet
時間不詳
全体に速めのテンポで熱気を孕んだ音楽が展開されていて、なかなか面白い。ときにショスタコーヴィチとしては過度にロマンティックになる部分(たとえば第4楽章など)も少なからずあるが、全体を貫くテンションの高さゆえに、違和感を抱く間もなく一気に聴かされてしまう。

 作品リストに戻る


 ShostakovichのHome Pageに戻る

Last Modified 2017.07.06

inserted by FC2 system