ENGLISH


Шостакович関係のWWWサイト


国内のサイト

ドミートリイ・ショスタコーヴィチフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の項目。
オーケストラ・ダスビダーニャ今や知らない人はいない、ショスタコーヴィチ作品だけを演奏するために結成されたアマチュア・オーケストラ。(相互リンク)
反形式主義的ショスタコーヴィチ研究会交響曲を中心としたベストCDの紹介。掲示板にも活発な書き込みがあります。(相互リンク)
SHOSTAKOVI.CH - The Page of Shostakovichショスタコーヴィチが音楽を担当した映画の紹介がメイン・コンテンツのサイトです。著作権の問題がないものについては、動画も公開されています。(相互リンク)
Shostakovich Home Page赤刎徳保さんのPhase3 Home Page内にあるページ。週毎に増え続けるCDリストには、思わず煽られてしまいます。(相互リンク)
曲解!?クラシックへの勧誘アマチュア打楽器奏者のMsさんによるページ。ショスタコBeachへようこそ!コーナーには、読みごたえのある記事が掲載されています。(相互リンク)
清流の私的オモチャ箱アマチュア打楽器奏者の清流さんによるページ。ショスタコ壷へようこそというコーナーに、ショスタコーヴィチ関連の情報があります。(相互リンク)
Dmitri Shostakovichに関する覚え書きゑぶ618というページの中にあります。整然とまとめられたデータの充実度が素晴らしいです。中でも、「好きな曲を丁寧に聴く」というコーナーは必見。
SHOSTAKOVICHHIROさんのページ。CDひとくちメモが面白いです。(相互リンク)
ショスタコーヴィチって誰?東海庶務局(旧祷努の頁)内にある、作曲家紹介。
ショスタコーヴィチインストゥルメンタルというページの中にあります。ショスタコーヴィチの経歴と、各作品の解説がまとめられています。
ShostakovichTYOC(トヨタ青少年オーケストラキャンプ)ホームページの中にある、「作曲家を知る」コーナーに、ショスタコーヴィチの経歴と主要作品の解説がまとめられています。
れみどしKOJI'S PAGE中にある、ショスタコーヴィチ作品解説集です。(相互リンク)
ショスタコーヴィチ関連文献目録ふるさんによる、音のならずやというページの中にあります。大変参考になるリストです。またここには、ショスタコーヴィチの掲示板も設置されています。(相互リンク)
題名のない音楽館及川の題なし内にある音楽評論のページ。主に交響曲作品に関する文章があります。(相互リンク)
ドミトリー・ショスタコーヴィチ作品表クラシック・データ資料館内にある、ショスタコーヴィチの作品一覧表です。
ロシア・アヴァンギャルドと舞台芸術展1998年に横浜美術館で開催された美術と演劇:ロシア・アヴァンギャルドと舞台芸術――ロバーノフ=ロストフスキー・コレクション展の紹介ページの中に、ロトチェンコによる「南京虫」作品19の衣装デザイン画像があります。
ショスタコーヴィチ20世紀ウラ・クラシック!内にある、主要作品紹介。
ショスタコーヴィチ・交響曲第5番を聴く沼津交響楽団のホームページ内にある記事です。丁寧な聴き込みの跡が窺われる、大変面白い内容に仕上がっています。
ショスタコーヴィチ 第5番Kenichi Yamagishi's Web Site内に収録されている文章です。交響曲第5番作品47の版による音形の違いに言及されています。第7番その他の交響曲についての記事もあります。
ショスタコのナゾ新潟交響楽団のホームページ内にある記事。交響曲第5番作品47のちょっと細かい問題について掘り下げられています。
#♭♪ スコアに刻印された人間模様 ♪♭#川崎市民交響楽団のホームページ内にある記事。交響曲第5番作品47のホルン・ソロについての随想。
Shastakovich_sym5Seizo Kunimotoさんの音楽サロンというページに掲載されているエッセーの一話です。
同曲異演の聴き比べTak Lab内にある、交響曲第5番作品47のCD聴き比べです。(相互リンク)
ショスタコーヴィチMAN page内にある曲目解説のページの中に、交響曲第5番作品47と祝典序曲作品96の解説があります。
ショスタコーヴィチ交響曲第五番還って来たスパ・ライ内にある、交響曲第5番作品47の解説。
ショスタコーヴィッチの批評大会登山家いっちーのホームページ内の音楽家いっちーのコーナーに掲載されている、交響曲第7番作品60のCD聴き比べです。(相互リンク)
ショスタコーヴィチの交響曲第8番、井上道義、バルシャイ、大野和士SMARTページ内にある記事。他にもショスタコーヴィチ関連の記事があります。(相互リンク)
惑星、タコ8、我が祖国。特定の曲にこだわったサイト。タイトルの通り、ショスタコーヴィチでは交響曲第8番が取り上げられています。
MKV-CDrewPageMKVcc サイバー・クリエイトのページにある永遠の名曲を求めてコーナーに掲載されている、オラトリオ「森の歌」作品81の詳細な解説です。
ベスト・オブ・文芸映画マイ・シネマ館というページ内のジャンル別ベスト映画(洋画篇)の中にあります。映画音楽「ハムレット」作品116の映画自体について簡単な紹介があります。
ハムレット宝塚造形大学所蔵ポスターの検索ページ内に、映画音楽「ハムレット」作品116の日本版パンフレットの画像があります。
祝典序曲演奏時間に関するデータ。Tequila!内のPresto選手権というコーナーにあります。
Essays on MusicYasuo's HomePaGe!内のエッセイ集です。「死者の歌」の定義は交響曲第14番作品135、「死者の歌」の定義:REは交響曲第15番作品141、楽しげな「戦争交響曲」は交響曲第9番作品70についてのものです。
もっとショスタコを聴かせてくれ!音盤雑記帳というページに掲載されている、ショスタコーヴィチ・フェスティバル1998に寄せた文章です。ここのページには、他にもショスタコーヴィチに関する記事がありますので、要チェック。
Lady Macbeth of Mtsenskars combinatoriaというページに収録されている、歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」作品29の演奏会評等です(あら筋付き)。
キーロフ・オペラ「カテリーナ・イズマイロワ」xiphio Home Pageに掲載されている、1996年11月5日、東京文化会館にて行なわれた公演の批評です。
吉松隆ホームページショスタコーヴィチに造詣の深い作曲家吉松隆氏のホームページです。音楽論文集に、ショスタコーヴィチに関する2編の文章があります。
日本における西洋音楽受容に関する社会学的分析のための一試論小松短期大学論集第5号に掲載された、由谷裕哉氏の論文のHTML版です。また、同じサイトの中にショスタコーヴィチお気に入りCD紹介という記事もあります。
HAYES MIDDLESEX ENGLANDHayesさんによる、ショスタコーヴィチ関係の文章があります。詳しく述べられているので、大変面白いです。(相互リンク)
ショスタコービッチの証言金田真一さん音楽鑑賞日記に収録されている、「音楽ドキュメンタリー 戦争シンフォニー〜ショスタコーヴィチの反抗〜」に対する感想。
ショスタコーヴィチのお話新交響楽団の「維持会ニュース」に掲載された文章です。この時の演奏会(第158回)では、交響曲第5番作品47が演奏されたようです。
ショスタコーヴィチの証言ねむろ とお のページ内にあります。タイトルの通りです。
THE KIRILL KONDRASHIN DISCOGRAPHY SITE小川勝也さんによるコンドラーシンのディスコグラフィ。(相互リンク)
ショスタコーヴィチKOHの楽しみというページの音楽と芸術的のあれこれというコーナーに掲載されているエッセイです。
エオリアンハープエオリアンハープ ピアノ スタジオ発行のニュースレター第2号の「作曲家の気になるお話」に、ショスタコーヴィチが取り上げられています。
ショスタコーヴィチ簡単な紹介記事。このサイトのメインは音楽リストのページ。ショスタコーヴィチ関係の音源もたくさん列記されています。
D・ショスタコーヴィチエッセイ。
死の4重奏北海道富良野市にある内海内科クリニックの内海真さんによる「ちょっとだけ?病気の話」というエッセイ集の一話です。冒頭で後期の弦楽四重奏曲について、ちょっとだけ触れられています。(相互リンク)
けいじばん von 周さん日本ショスタコーヴィチ協会会員でもある、ドイツ文学者の田中周一さんのページです。ショスタコーヴィチ関係の論文も執筆されています。(相互リンク)
エル・アンド・エー企画lamusicロシア人演奏家による演奏会の企画等を行なっています。舞台裏の内緒話というコーナーに、興味深い話があります。
バルトークQ公開レッスン レポートはやしひろおのホームページ内にある、バルトークQによる弦楽四重奏曲第8番作品110の公開レッスンの模様のレポート。
ショスタコーヴィチ専門店ネット通販ショップArtRecordsのページ内にあります。ディスク紹介のコメントなど、結構面白いです。
日ソロシア語文献の入手には、絶対欠かせないお店ですね。
Google 検索: shostakovichニュースグループ(alt.fan.shostakovich、rec.music.classical.recordings、rec.music.classical.*)の記事検索。

海外のサイト

site du Centre Chostakovitchパリにあるショスタコーヴィチ・センターのホームページ。DSCH社の出版目録等もあり、見逃せません。
The DSCH Journal Web PagesDSCH Journalのホームページ。
shostakovich.startpagina.nl ショスタコーヴィチ関連情報(英語とドイツ語)のリンク集。
Alexandre Hohmann's Shostakovich Pagesショスタコーヴィチに関するWWWページの中で、最も美しいもの。情報量にも不足していません。
Music under Soviet rule「The New Shostakovich」の著者、イアン・マクドナルド氏のページ。ショスタコーヴィチ以外の旧ソ連の作曲家の情報も充実しています。
Onno van Rijen写真やディスコグラフィ付の作品リストなど、地味な見た目の割には充実した内容を持っています。あなどってはいけません。
Discography: Russian, Soviet and post-soviet symphoniesソ連=ロシアの現代作曲家の交響曲のディスコグラフィです。
Tribute to Shostakovich by MMAMP3音源などもあって、なかなか多彩な内容。ポルトガルのサイトですが、英語です。
Iain Strachan's Shostakovich Website作者がDSCH Journalに掲載した文章が集められています。
Shostakovich Myths Debunked文献の批評などの記事が掲載されています。
Shostakovich, Dmitry (1906 - 1975)Karadar Classical Music内にある、作曲家紹介記事。
Shostakovich, DmitriSikorski社のサイトにある、作曲家紹介記事。
Dmitri ShostakovichClassical Music Pages内にある、簡単な作曲家紹介記事。
Michael Norrish's Shostakovich Site作曲家について、簡単に紹介されています。
The Voice of Russia [MUSICAL PORTRAITS OF THE 20TH CENTURY]20世紀のロシア人音楽家についての文章が集められたサイトです。若干不正確な記述もありますが。
Sjostakovitj CentralenNordic Shostakovich Societyの情報などがありますが、ノルウェー語の部分はよく分かりません(^^;。
New BabylonMarek Pytel氏による映画「新バビロン」の書籍&ヴィデオ(ただしPAL方式)の紹介。
Kozintsev's Hamlet映画「ハムレット」(作品116)の解説。
London Shostakovich Orchestra凄い名前のオーケストラです。イギリス版オーケストラ・ダスビダーニャか…。
Dmitri Shostakovichリンク集。
Dmitri Shostakovichオスロ・フィルハーモニー管弦楽団のページ内にある作曲家紹介。ノルウェー語なので、さっぱり分かりません(一部英語)。
Sonata for Viola映画監督ソクーロフのページ内にあります。ショスタコーヴィチをテーマとした1981年制作のドキュメンタリー映画の紹介記事です。英語ページにはほとんど情報がなく、ロシア語ページを見る必要があります。
Song cycles and Vocal Symphonies歌曲と声楽入り交響曲の歌詞がまとめられています。ローマライズされたものと、キリル文字との2種類です。
KAZN' STEN'KI RAZINA「ステパーン・ラージンの処刑」作品119に用いられたエフトゥシェーンコのローマライズされた原詞です。Russkaya/Sovetskaya poeziya: Spisok poetovには、数多くのロシア詩人の詩が掲載されています。
The Execution of Stenka Razin「ステパーン・ラージンの処刑」作品119に用いられたエフトゥシェーンコの原詞の英訳です。
The Nose歌劇「鼻」作品15の台本の英訳です。
ЛЕНФИЛЬМレン・フィルムのページ。貴重な資料が満載です。
Russisches Musikarchivロシア音楽のMIDIファイルがあります。もちろん、ショスタコーヴィチの作品も数多くあります。
The Shostakovich Opus 87 Page「24の前奏曲とフーガ」作品87の解説と、全曲のMIDIファイルがあります。
Jonas Kukkonen3つの幻想的な舞曲作品5の録音をMP3フォーマットで聴くことができます。
Dmitry Dmitryevich Shostakovich没後25年を記念してグラスゴーとヒューストンとで行なわれたショスタコーヴィチのシンポジウムのスナップ写真集など。
FindArticles.com英語雑誌等に掲載されたショスタコーヴィチ関係の記事検索です。
Speaking of Shostakovichメディア・クリップ集。
Archives of DSCH-L@LISTSERV.UH.EDUショスタコーヴィチのmailing listであるDSCH-Lのアーカイヴ。
The Dead Russian Composer Personality Testあなたは、どのロシア人作曲家のタイプなのでしょうか?ちなみに僕はプロコーフィエフでした。微妙に欝です(^^;。

 ShostakovichのHome Pageに戻る

Last Modified 2016.03.28

inserted by FC2 system